カーリースとは

全メーカー全車種対応

カーリースとは、車両を資産として所有しないので、資産計上における税金を軽減し、また、車両保有に対する税金や代替等により発生する経費を心配しなくてもよく、なによりも、一時払いの負担が軽減されます。
また、カーリースは、ご契約時のリース期間終了時における「予定残存価格」(中古車予想価格)を差し引いてからリース料を設定致しますので、全額償却前提の一般のリースとは違い、大変合理的なリースなのです!

leasepy.gif

カーリースで賢く効率化

カーリース5つのメリット

自動車諸税の手続等のメリット

  • 車両を保有する場合に必要な自動車諸税の支払い業務はすべて不要です。
  • 特に多くの車両を保有する場合、そのメリットは大きなものとります。

車検・整備等のメリット

  • 整備工場の手配や日程調整を代行致します
  • 点検・修理費や、車検整備費の支払いを代行致します
  • 納税証明書の準備を致します
  • 車検や整備時の代車の手配を致します
  • タイヤ、オイル、バッテリー等の交換を致します
  • 自動車諸税の納付を代行致します
  • 車検や整備時の面倒な手配を代行しますので、メンテナンスの手配に費やしていた時間が他の仕事に向けられ、業務がより効率的になります。

経理業務軽減のメリット

  • 支払伝票の起票・集計(車両代、自動車諸税、保険料、点検修理費)が不要
  • 減価償却の計算が不要
  • 維持・管理費の集計が不要
  • 車両の売却、廃棄処理手続きが不要
  • 整備工場等の手配や日程調整が不要
  • 点検・修理費の支払が不要
  • 力ーリースなら、車両関係の経理業務が大幅に削減でき、日常の経理業務等、わずらわしい業務が軽減できます。

対外的な信用力保持のメリット

  • 車両を購入した場合には、固定資産の増加や借入金の増加、流動資金の減少等、 みかけ上の財務比率が悪化します。しかし、カーリースにすると、資産計上の必要はなく、信用力も保全されるというメリットがあります。

経費処理上のメリット

  • カーリースの「リース料」は法人税法上は必要経費扱いとなります。
  • つまり、車両代や自動車税、メンテナンス等の費用全てが月々一定のリース料となり、必要経費にて処理できるというメリットがあります。


リースバックシステム

  • 現在所有されている車両を、当組合が一旦買い受け、そのままリース致します。 つまり、現在お乗り頂いている車両全部を、一括リースに切り替えることで、リースのメリットが発生します。
  • 一括切り替え手続き中でも、車両はそのままご利用できるシステムを採っていますので、業務には一切負担をおかけ致しません。


カーリース比較表

費 用 項 目
メンテナンスリース
ファイナンスリース
車両価格

取得税
自動車税  ◎※1 ※1
重量税  ◎※1 ※2
自賠責保険料  ◎※1 ※2
任意保険料  △※3 ※3
車検費用 ― 
一般修理費 ― 
代車料 ― 
タイヤ・オイル交換料
― 
定期点検整備 ― 

※1 リース期間分となります
※2 登録時分のみとなります
※3 オプション契約となります


リース期間
3~6年(初回時)、1年~(継続時)
オープンエンド(個人契約のみ) 残存価格の精算をする
クローズドエンド 残存価格の精算をしない




TOPページ > カーリース事業